読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遂に稼働開始!頭文字D ARCADE STAGE Zero暫定レビュー。

お久しぶりです。

本当に真面目に更新しろって感じですよねw

という訳で、今日も書いていきます。

 

頭文字D ARCADE STAGE Zero」が、遂に3月7日から稼働開始しました。

今回はそのレビューを書いていこうと思いますが、ここでは暫定とし、後日元生が斬るにて改めて書かせて頂きます。

今回は大まかに書きます。すみませんw

 

前回書いたのは8月ですが、その時から変わっている点は見られます。

まずメーター。8月の時はD8の流用だった記憶がありますが、本稼働版ではD3をベースに少しアレンジした物になっています。

懐かしいですよねw

この仕様はD8のプロジェクトDミッションで獲得できたものと同一でしょうか?

 

そういえば、シートもD3のものに近かった気がしますね。

シートの形状とか、クッションの感じも良い感じでした。

「当時あんなに良かったかな?」とは思いますが、そう思いました。

どこかでそういう記述を見たからというのも、あるのでしょうか?

読んだ記憶はありますけど、どこで読んだかな?

他にもD3で使われていたBGMがあったり、キャラクターが喋らなかったり。

何となくD3を彷彿とさせますね。

 

操作系は相変わらず良く出来てます。扱いやすいです。

挙動は変わってるのかな?

そんな気がしますか、もう少し検証したいところですね。

 

総合的に見て、結構良かったですね。

プレイヤーもまた増えそうですが、今はちょっと稼働店舗が少ないかな。

見つけた方は、Aimeカード、或いはバナパスポートカードを使えば、初回プレイ無料なので、カードを持っている方は是非プレイしてみてください。

 

今日はここまで。

 

それではまた!

ワゴンR新登場!軽さが効いてます。

遂にスズキ ワゴンRもフルモデルチェンジです。

これを取り上げない訳にはいかないでしょうw

 

一昨日ですかね。発表と同時に発売されまして。

車重がHYBRID FZで確か790kg。競合のムーヴが830kgですから、40kgも軽いんですよ。

その分燃費も伸びまして、33.4km/Lを実現。

実際はこれより少ないとはいえ、スズキなので実燃費も期待できます。

 

 個人的に注目しているのは、デザインです。

取り上げてるところが少ないのか、それとも私の確認不足かは分かりませんが、このデザイン、初代を連想させますよね。

どこか懐かしいこの感じ、大好きですw

ちゃんとこの時代に相応しい感じになっていますが、それでも初代らしさが強く残っている。

なんだか不思議ですねw

このワゴンRを皮切りに、どのメーカーもこういう昔のデザインを現代風にアレンジしてくれればと思ってしまいましたw

しかし、1つ気になるのは、HYBRID FZのフロントデザイン。

この2段構えのヘッドランプは何なんですかね。

これだったら、まだスティングレーの方が好感を持てそうです。

個人的にはHYBRID FXと同じ顔でも良かったと思いますね。

 

この車、収納面もなかなか面白いんですよ。

今時の軽自動車って、どの車も細かい気配りができているんですよね。

本当に色々な所に物の置場所があったりする。

どう使おうか想像するだけで楽しくなりますが、その中でも特に注目すべきなのはアンブレラホルダーですね。

後席にあるんですが、傘に付いた雨水が外に排出されるという優れもの。

軽自動車初らしいですよ。

これ面白くないですか?w

 

安全面も素晴らしい。全方位モニターが採用されました。

所謂アラウンドビューモニターですね。

最近採用する車が急に増えてきた気がします。

何はともあれ、採用されるのは嬉しいことです。

更にヘッドアップディスプレイも採用されると。

確かマツダ車にも採用されていましたが、ワゴンRにも採用されるんですね。

これ先進的で格好いいですよね。

しかし、これがある影響なのかは分かりませんが、センターメーターなのが頂けない。

やはり運転席の目の前にメーターがあってほしいですね。個人的には。

 

とはいっても、注目の1台であることは間違いないですよね。

今年の自動車業界は、目が離せなそうですw

 

今日はここまでですね。

 

それではまた!

2度目のリコール

9月に新型セレナのリコールの話をしましたが、この度2度目のリコールとなってしまいました。

 

日産:リコール関連情報 セレナのリコールについて

今回はABSのトラブルみたいですね。

一応簡単に説明しておきますが、ABSは急ブレーキ時にタイヤがロックするのをを防ぐものです。

タイヤがロックするということは、回転が止まって路面の上を滑るということになりますよね。

車は路面とタイヤの間の摩擦によって成り立っていますから、滑るということは、曲がろうとしても曲がらなくなってしまうということです。

 

信号で停止する時などの場面では、この不具合が多大な影響を及ぼすとは正直考えにくいですが、例えば人が飛び出してきたとかで急停止しなければならない場面で、タイヤがロックしてコントロール不能に陥ってしまったら大変ですよね。

 

また、サービスキャンペーンというものも実施されるそうです。

日産:リコール関連情報 セレナのサービスキャンペーンについて

こちらはコンピュータのトラブル。

どうやらエンジンに異常があると勘違いしてしまうって感じみたいです。

ABSのリコール程重大なものではなさそうですが、不具合は不具合ですからサービスキャンペーンってことなんでしょうね。

 

ABSの不具合が発生したのは1件ですし、いずれも可能性の話ですが、それにしても、およそ半年程度で3件の不具合、うち2件はリコールって、ちょっと多いですよね。

ノート e-POWERは、今のところ不具合も一切無いようで順調ですが、それだけにセレナの不具合の多さが気になってしまいます。

 

まあ、せめてもの救いは、リコールを隠さなかったことと、内部からの情報で判明したってことですよね。

ここは評価すべきポイントだと思います。

 

私も日産が好きなので、もっと頑張ってほしいと思いますね。

せっかく国内販売の調子も良くなってきましたから。

30年ぶりの快挙らしいですね。国内車種別販売ランキングで、日産が1位を獲るのは。

これは嬉しい話ですよね。

今年はもっと飛躍してくれないかと期待していますw

今日はこの辺かな。

 

それではまた!

“粋だね”NISSAN 「本物のプロ(自動ブレーキ)」篇にもメッセージが隠されていた

新年明けましておめでとうございます。

今年も、本ブログならではの記事で、読者の方々に満足していただけるよう、頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 

ということを言っておきながら、今年最初の記事は大したことない内容であると、始めにお伝えしておきますw

 

この手の記事は2回目ですかね?

前回も日産のCMについて取り上げまして。

「実はリーフvs180SXのCMが荒れることを日産は予言していた!」みたいなことを言ってw

それの第2弾ですww

 

今回取り上げるCMはこちらです。

【キャラバン】TVCM 「本物のプロ(自動ブレーキ)」篇 30秒 - YouTube

約1名(本記事投稿当時)無知な発言をしている上に1人で会話していますが、今回は触れませんw

 

一見すると、商用バンに自動ブレーキを初めて搭載したことを宣伝しているように見えるこのCM。

実は、本当に伝えたいのはそこではないんです。

 

自動ブレーキで停止するシーンがありますが、ドライバーが余所見をしたりしているシーンは入っていないんですよね。止まって「おぉ…」って顔になっているだけ。

つまり、ドライバーはちゃんと前を見て運転していたと考えられます。

でも、それなら普通に止まれますよね?

何故自動ブレーキが作動してしまったのでしょうか?

 

理由は簡単です。

ドライバーが疲れていたから。

問題になっていますよね。長距離ドライバーの人手不足が深刻化し、1人で基準を超える長時間の運転をせざるを得なくなった結果、事故を起こすことが。

このドライバーも、どうやら山奥から長い間運転してきたようです。

そのようなことが当たり前になった現状に警鐘を鳴らすため、このようなCMを作ったのではないでしょうか。

自動ブレーキが無かったら、大惨事になっていた。そんなことにならないように、もっとドライバーを気遣ってあげてください。

きっとそういうことを伝えたかったに違いありません。

 

 

これはあくまで個人の見解です。

まあ、これも違うと思いますw

でも、合っていたらやはりすごいですよねw

ちょっと話が進むにつれて、言っていることがおかしくなってきたような気もしますが、あえて気にしないことにします。

いつものことなのでw

 

今日もこの辺で。

改めまして、今年もよろしくお願いします。

 

それではまた!

自動車ネタの話

はてなブログには便利な機能がありまして、「このブログへのアクセスは何件あったか?」というのが分かる機能があるんですよ。

まあ、他所でもあるのかも分からないですけどw

これを見ると、この日に何件アクセスがあって、この日は何件アクセスがあったっていうのが、すぐ分かるんですよ。

特に、直近24時間に関しては、1時間刻みで分かります。

そんなもんだから、「おっ、この記事は見てくれるひと多いな。」とか、「あっ、この時間は居ないな。」とか一喜一憂して楽しんだりしちゃってますw

 

その結果、何となく分かってきたことがあります。

どうやら自動車関係の記事は、見てくれる方が多いみたいなんですよ。注目記事ランキングなんて、車関係で上位5つを独占してます。

私も車が好きなので、少しでも多くの方に車の魅力を知って頂きたいと思って記事を書いています。

それは車以外、例えばテレビ番組やゲームもそうですが、若者の車離れが囁かれている中、こうやって読んでくれる方が多いっていうのは嬉しいですよね。

 

他のネタもそれなりに読んでくれる方がいらっしゃるんですよ。

でも、自動車ネタは頭一つ出ていると言いますか、より多いんですね。

そこで今回、私はこのような説を唱えたいと思います。

「自動車ネタ 書いたら最後説」

ちょっと水曜日のダウンタウンっぽいですねw

 

というのもですね、昔ある方の動画を見ていたんですよ。

その動画が試乗動画だったんです。実際に走らせている映像を流して、乗た感想を話すという。

変に知識がある人ではなく、一般人だったので、目線も同じで、すごく分かりやすかったんです。

「これはいい!」と思っていつも見ていました。評価も上々で、再生回数も数万~数十万回。

しかし、ある日を境にどこにでも居るようなYouTuberになってしまったんですよ。適当に何か試して感想を言うみたいな。

車の試乗はしなくなりました。

そうなってからですよ。再生回数ががた落ちして。4ケタに入れば良い方です。

こんなにも変わるものなのかとびっくりした記憶があります。

「やっぱり自分には無理」と言って試乗動画の投稿を止めてしまいましたが、この方はもっと続けるべきでしたね。

私が知る限りでは一般人の試乗動画はこの方がパイオニアです。

今は結構多くなってますよね。こういう動画は。

そして再生回数も万単位のものが多い印象です。

余程変なことを言っていない限り、評価も上々なものが多い。

自動車ネタって、意外と需要があるんですよ。

 

ただ、そのネタに手を出して、他のネタでも成功した人って、ほとんどいない気がします。

何でなんですかね?やはり視聴者が固まってきているのに、無理して変えるからでしょうか。

私もそうならないように、頑張っているところですw

そもそも評価されてないかww

なかなか悲しい自虐ですね。

どうか笑ってくださいw

 

まあ、今後も様々なものの魅力を伝えるために、記事を書いていきたいと思います。

もちろん、来年も頑張っていきたいと思っていますので、読者の方々、応援してくれている方々、来年もよろしくお願いします。

 

それでは皆さん、良いお年を!

時速300kmオーバーの世界

今更ですが、看板企画「元生が斬る」で、番号のズレがあることが発覚しましたw

せっかくの10回記念が10回ではない可能性が出てきたということですww

今どうしようか検討中です。

以上、どうでもいい報告でしたw

 

さて、今回はこちらを取り上げたいと思います。

元気株式会社最新作カウントダウンサイト

元気株式会社が突如発表した「新規タイトル」。

日産GT-Rと謎のカウントダウンが表示されています。

 

元気といえば首都高バトル街道バトル

昔はレースゲームの開発が盛んでしたが、最近ではすっかりそういう話は聞かなくなっていました。

ここ数年は出してないですよね。

それが突然、こんなページを公開したと。

 

注目すべきはURL。「sb-x」の文字があります。

そういえば去年の4月に、元気の公式ツイッター首都高バトルを据え置き機で出してほしい方はリツイートしてほしいみたいなことを言っていたんですよね。

 

勘の良い人なら分かりますよね?

Twitterと合わせて考えると、「sb」は「首都高バトル」と取れますよね? 

これは首都高バトルである可能性が高いんですよ。

遂に元気が復活です。

これは期待しない訳にはいかないでしょう!

 

まあ、他が取り上げている事を何を今更という感じですがw

車についても取り上げているブログが、このニュースを取り上げない訳にはいかないだろうということで、記事にしてみましたw

とにかく期待が高まるということでw

 

今回はここまで。

 

それではまた!

元生が斬る #11 ReLIFE

久しぶりの連続更新です。元生が斬るです。

今回紹介するのは「ReLIFE」です。

元生が斬るで扱うって話をしてからどれだけ経っているんだって話ですよねw

読者の方のためにも、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

何か、ちょっと堅いですかねw

 

 

27歳無職の再青春

ReLIFEを扱う記事では、最早お馴染みの定型文ですw

「27歳無職の海崎新太が…」というのはもう何度も見てきました。

下手したらこっちの方が有名なんじゃないのかな?

 

すみません、言い過ぎましたw

まあ、早い話が、無職がリライフという実験の被験者に選ばれ、薬を飲んで高校生活を送り直すってことです。

その最中の高校生活を描いた物語ですね。

その実験の期間中の行動によって、実験終了後に、リライフ研究所がその無職に合った職を紹介し、就職までさせてくれると。 

って、無職無職うるさいですねw失礼しました。

 

この作品の特徴は、原作が漫画アプリ「comico」で連載されているということ。

前にも取り上げた通り、最近ちょっと色々あって、一気に読めない状況になってしまいましたが、基本的には無料で読めるんですね。

しかも、漫画としては珍しく、縦読み形式になっているんですよね。スマホに合わせて。

これはなかなか面白いですよね。

単行本も発売されていますが、こちらはちゃんとオーソドックスな「これこそが漫画だ!」という形式になっているそうです。

「なっているそうです」と書いたのは、まだ単行本を買っていないからなんですねw本当にすみませんw

欲しいとは思ってるんですよ。番外編みたいなのも入っているらしいですから。

ただ、なかなか買う機会がない。

近いうちに買いたいと思いますw

 

今年の7月から9月まで、1クールですがアニメも放送されまして、なかなか盛り上がっていた気がします。

このDVDは買っちゃいましたw

やっぱり良いと思ったものは買わないとダメですね。

皆さんも良いと思ったものは、某動画サイトの非公式動画見るのではなく、是非買っていただきたい。

本当に良いですよ。所有する喜びは。

 

ReLIFEは舞台もやったらしいですが、これがまた面白いんですね。

主演がアニメで声優を務めた方なんですよ。小野賢章さん。

なかなかそういうのって聞かないですよね。斬新で良いと思います。 

 

ReLIFEの勢いは止まらず、今度は映画にもなるそうです。

気になるところですね。

 

残念ながらアニメは2話からの視聴となってしまい、後日正当な手段で1話を見るという形になってしまいました。

comicoでは1話を無料で配信しているんですよね。

そこから、漫画の方も読んでみました。

 

 

時々顔を出す27歳

やはり面白いですねw

高校に通う訳ですから、当然高校生らしい振る舞いをしなければなりません。

しかし、大失態を犯したり、ジェネレーションギャップを感じるものを持っていたり。

ポイントで面白い。

 

勿論、そこだけではありません。

ちゃんと人間関係も描かれていて、単に主人公だけを書くのではなく、それぞれにちゃんとスポットライトを当てて、メインとして書いてくれます。

色々な登場人物の悩みが見られて良いですね。

で、その悩みを解決してくれるのが、主人公なんですね。

年の功ってヤツですw

 

そうそう、あと伏線とその回収も面白いですね。

何気無い発言にも、結構意味があります。

「そういうキャラだからこういうことを言ったのかと思ったけど、やっぱりそういうことだったのか!」みたいなw

大神 和臣、夜明 了、小野屋 杏、狩生 玲奈日代 千鶴…。

多くの登場人物が居ますが、ちゃんと読んでおいた方が良いですね。

ある程度は推測しやすいかもしれないですから。

それで答え合わせをして、密かに「やった!」と思っていただければと思います。

 

ちなみに、ReLIFEの登場人物の名字は、全て大分にある駅名に由来しているそうです。

 

 

暇なら是非一度読んでほしい作品

まあ、私が勧めるものは全てそうですがw

漫画は基本的に無料なので、読んで後悔はしないと思います。

えげつない程お下劣なシーンは無い、健全な漫画ですから。

それをきっかけに、ハマってくれればなと思います。

そうしたら、DVDやCD、単行本も買ってみてくださいw

 

今ふと思い出しましたが、ReLIFEって、エンディングの曲が独特なんですよね。

昔のヒット曲を使っているんです。

例えばイージュー★ライダーとか、Timingとか、サウダージとか。

懐かしいですよねw

エンディング曲だけを集めたCDが実際に売ってるんですよね。これはお勧めです。

CDの名前は「MD2000 -ReLIFE Ending Songs-」ですね。

きっとあなたも気に入りますw

 

まあ、とりあえず見てみてくださいw

百聞は一見に如かずですので。

ハマる方も多いような予感がしますので、是非一度どうぞ。

 

今日はこの辺で。

 

それではまた!