自動車ネタの話

はてなブログには便利な機能がありまして、「このブログへのアクセスは何件あったか?」というのが分かる機能があるんですよ。

まあ、他所でもあるのかも分からないですけどw

これを見ると、この日に何件アクセスがあって、この日は何件アクセスがあったっていうのが、すぐ分かるんですよ。

特に、直近24時間に関しては、1時間刻みで分かります。

そんなもんだから、「おっ、この記事は見てくれるひと多いな。」とか、「あっ、この時間は居ないな。」とか一喜一憂して楽しんだりしちゃってますw

 

その結果、何となく分かってきたことがあります。

どうやら自動車関係の記事は、見てくれる方が多いみたいなんですよ。注目記事ランキングなんて、車関係で上位5つを独占してます。

私も車が好きなので、少しでも多くの方に車の魅力を知って頂きたいと思って記事を書いています。

それは車以外、例えばテレビ番組やゲームもそうですが、若者の車離れが囁かれている中、こうやって読んでくれる方が多いっていうのは嬉しいですよね。

 

他のネタもそれなりに読んでくれる方がいらっしゃるんですよ。

でも、自動車ネタは頭一つ出ていると言いますか、より多いんですね。

そこで今回、私はこのような説を唱えたいと思います。

「自動車ネタ 書いたら最後説」

ちょっと水曜日のダウンタウンっぽいですねw

 

というのもですね、昔ある方の動画を見ていたんですよ。

その動画が試乗動画だったんです。実際に走らせている映像を流して、乗た感想を話すという。

変に知識がある人ではなく、一般人だったので、目線も同じで、すごく分かりやすかったんです。

「これはいい!」と思っていつも見ていました。評価も上々で、再生回数も数万~数十万回。

しかし、ある日を境にどこにでも居るようなYouTuberになってしまったんですよ。適当に何か試して感想を言うみたいな。

車の試乗はしなくなりました。

そうなってからですよ。再生回数ががた落ちして。4ケタに入れば良い方です。

こんなにも変わるものなのかとびっくりした記憶があります。

「やっぱり自分には無理」と言って試乗動画の投稿を止めてしまいましたが、この方はもっと続けるべきでしたね。

私が知る限りでは一般人の試乗動画はこの方がパイオニアです。

今は結構多くなってますよね。こういう動画は。

そして再生回数も万単位のものが多い印象です。

余程変なことを言っていない限り、評価も上々なものが多い。

自動車ネタって、意外と需要があるんですよ。

 

ただ、そのネタに手を出して、他のネタでも成功した人って、ほとんどいない気がします。

何でなんですかね?やはり視聴者が固まってきているのに、無理して変えるからでしょうか。

私もそうならないように、頑張っているところですw

そもそも評価されてないかww

なかなか悲しい自虐ですね。

どうか笑ってくださいw

 

まあ、今後も様々なものの魅力を伝えるために、記事を書いていきたいと思います。

もちろん、来年も頑張っていきたいと思っていますので、読者の方々、応援してくれている方々、来年もよろしくお願いします。

 

それでは皆さん、良いお年を!

時速300kmオーバーの世界

今更ですが、看板企画「元生が斬る」で、番号のズレがあることが発覚しましたw

せっかくの10回記念が10回ではない可能性が出てきたということですww

今どうしようか検討中です。

以上、どうでもいい報告でしたw

 

さて、今回はこちらを取り上げたいと思います。

元気株式会社最新作カウントダウンサイト

元気株式会社が突如発表した「新規タイトル」。

日産GT-Rと謎のカウントダウンが表示されています。

 

元気といえば首都高バトル街道バトル

昔はレースゲームの開発が盛んでしたが、最近ではすっかりそういう話は聞かなくなっていました。

ここ数年は出してないですよね。

それが突然、こんなページを公開したと。

 

注目すべきはURL。「sb-x」の文字があります。

そういえば去年の4月に、元気の公式ツイッター首都高バトルを据え置き機で出してほしい方はリツイートしてほしいみたいなことを言っていたんですよね。

 

勘の良い人なら分かりますよね?

Twitterと合わせて考えると、「sb」は「首都高バトル」と取れますよね? 

これは首都高バトルである可能性が高いんですよ。

遂に元気が復活です。

これは期待しない訳にはいかないでしょう!

 

まあ、他が取り上げている事を何を今更という感じですがw

車についても取り上げているブログが、このニュースを取り上げない訳にはいかないだろうということで、記事にしてみましたw

とにかく期待が高まるということでw

 

今回はここまで。

 

それではまた!

元生が斬る #11 ReLIFE

久しぶりの連続更新です。元生が斬るです。

今回紹介するのは「ReLIFE」です。

元生が斬るで扱うって話をしてからどれだけ経っているんだって話ですよねw

読者の方のためにも、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

何か、ちょっと堅いですかねw

 

 

27歳無職の再青春

ReLIFEを扱う記事では、最早お馴染みの定型文ですw

「27歳無職の海崎新太が…」というのはもう何度も見てきました。

下手したらこっちの方が有名なんじゃないのかな?

 

すみません、言い過ぎましたw

まあ、早い話が、無職がリライフという実験の被験者に選ばれ、薬を飲んで高校生活を送り直すってことです。

その最中の高校生活を描いた物語ですね。

その実験の期間中の行動によって、実験終了後に、リライフ研究所がその無職に合った職を紹介し、就職までさせてくれると。 

って、無職無職うるさいですねw失礼しました。

 

この作品の特徴は、原作が漫画アプリ「comico」で連載されているということ。

前にも取り上げた通り、最近ちょっと色々あって、一気に読めない状況になってしまいましたが、基本的には無料で読めるんですね。

しかも、漫画としては珍しく、縦読み形式になっているんですよね。スマホに合わせて。

これはなかなか面白いですよね。

単行本も発売されていますが、こちらはちゃんとオーソドックスな「これこそが漫画だ!」という形式になっているそうです。

「なっているそうです」と書いたのは、まだ単行本を買っていないからなんですねw本当にすみませんw

欲しいとは思ってるんですよ。番外編みたいなのも入っているらしいですから。

ただ、なかなか買う機会がない。

近いうちに買いたいと思いますw

 

今年の7月から9月まで、1クールですがアニメも放送されまして、なかなか盛り上がっていた気がします。

このDVDは買っちゃいましたw

やっぱり良いと思ったものは買わないとダメですね。

皆さんも良いと思ったものは、某動画サイトの非公式動画見るのではなく、是非買っていただきたい。

本当に良いですよ。所有する喜びは。

 

ReLIFEは舞台もやったらしいですが、これがまた面白いんですね。

主演がアニメで声優を務めた方なんですよ。小野賢章さん。

なかなかそういうのって聞かないですよね。斬新で良いと思います。 

 

ReLIFEの勢いは止まらず、今度は映画にもなるそうです。

気になるところですね。

 

残念ながらアニメは2話からの視聴となってしまい、後日正当な手段で1話を見るという形になってしまいました。

comicoでは1話を無料で配信しているんですよね。

そこから、漫画の方も読んでみました。

 

 

時々顔を出す27歳

やはり面白いですねw

高校に通う訳ですから、当然高校生らしい振る舞いをしなければなりません。

しかし、大失態を犯したり、ジェネレーションギャップを感じるものを持っていたり。

ポイントで面白い。

 

勿論、そこだけではありません。

ちゃんと人間関係も描かれていて、単に主人公だけを書くのではなく、それぞれにちゃんとスポットライトを当てて、メインとして書いてくれます。

色々な登場人物の悩みが見られて良いですね。

で、その悩みを解決してくれるのが、主人公なんですね。

年の功ってヤツですw

 

そうそう、あと伏線とその回収も面白いですね。

何気無い発言にも、結構意味があります。

「そういうキャラだからこういうことを言ったのかと思ったけど、やっぱりそういうことだったのか!」みたいなw

大神 和臣、夜明 了、小野屋 杏、狩生 玲奈日代 千鶴…。

多くの登場人物が居ますが、ちゃんと読んでおいた方が良いですね。

ある程度は推測しやすいかもしれないですから。

それで答え合わせをして、密かに「やった!」と思っていただければと思います。

 

ちなみに、ReLIFEの登場人物の名字は、全て大分にある駅名に由来しているそうです。

 

 

暇なら是非一度読んでほしい作品

まあ、私が勧めるものは全てそうですがw

漫画は基本的に無料なので、読んで後悔はしないと思います。

えげつない程お下劣なシーンは無い、健全な漫画ですから。

それをきっかけに、ハマってくれればなと思います。

そうしたら、DVDやCD、単行本も買ってみてくださいw

 

今ふと思い出しましたが、ReLIFEって、エンディングの曲が独特なんですよね。

昔のヒット曲を使っているんです。

例えばイージュー★ライダーとか、Timingとか、サウダージとか。

懐かしいですよねw

エンディング曲だけを集めたCDが実際に売ってるんですよね。これはお勧めです。

CDの名前は「MD2000 -ReLIFE Ending Songs-」ですね。

きっとあなたも気に入りますw

 

まあ、とりあえず見てみてくださいw

百聞は一見に如かずですので。

ハマる方も多いような予感がしますので、是非一度どうぞ。

 

今日はこの辺で。

 

それではまた!

元生が斬る #10 SMAP×SMAP

看板企画を謳う割に更新が少ないですw元生が斬るです。

記念すべき10回目を迎えました。

そんな今回のテーマは「SMAP×SMAP」です。

節目を飾れるのは、やはりこれしかありませんw

さあ、張り切って行きましょう!

 

 

放送20周年。初回視聴率は驚異の22.4%を記録。

SMAP×SMAPは、1996年4月15日に放送開始。

この頃はまだ6人だったんですね。森さんが居て。

ビストロSMAPでは、中居さんの横に香取さんが居ました。

記念すべき初回のゲストは大原麗子さん。視聴率は見出しにもある通り、驚きの22.4%でした。

ここから順調に放送していくと思われたSMAP×SMAPですが、開始から僅か1ヶ月。森さんが脱退することになり、5月末に惜しまれながら引退。オートレースの道へ進みました。

最近でもオートレース場で、森さんの看板がありますよね。

見たことがある方も居るのではないでしょうか。

そうです。あの人は元SMAPなんですw

 

そこから5人で再スタートした訳ですが、人気は衰えるどころか、上昇の一途を辿り、最終的に最高視聴率は34.2%で、瞬間最高視聴率は39%を記録しました。

 

これは今ではありえませんよね。

今後この数字を叩き出せる人が現れるでしょうか?

 

SMAP×SMAPが凄いのはそれだけでなく、多くの著名人が出演しています。

時の首相然り、伝説の役者然り。

あのマイケル・ジャクソンも出演しました。

流石としか言い様が無いです。

 

そんな20年間。色々ありました。

先程も言ったメンバーの脱退。

不祥事によるメンバーの逮捕が2回。

普通だったら乗り越えられないような壁を乗り越え、再び最前線に立ちました。

 

もう経験値が違いますよね。

どんな時もSMAPSMAP×SMAPがありました。

そんなSMAP×SMAPも12月26日、昨日ですね。最終回を迎えました。

 

 

およそ5時間の総集編

日本を代表する国民的アイドルグループの最後の活動と、20年続いた番組の終了の両方が同時ということもあってか、最終回は5時間にも及ぶスペシャルでした。

尚、構成はほとんどが総集編で、最後に1曲歌うというもの。

メンバーのコメントは無し。でも、状況を考えれば仕方ない。

ただ、正直不安はありました。この番組で満足できるのかと。SMAPの最後に相応しいのかと。

そんな疑問も抱きつつ、緊張感も感じながら、この放送を見始めました。

 

 

所々滲み出るスタッフの“SMAP愛”

それが余計な心配だったんですねw

本当に良かった。素晴らしい。

感動した!

割くべきところでしっかりと時間が割かれていました。

「このシーンをもうちょっと見たい!」

そういうところを、ちゃんと見せてくれる構成になっているんですよね。

不仲で解散すると言われているSMAPですが、それを感じさせない。

本当に、この番組を見ていると、どうして解散するのか不思議になってくる。

何でそう感じるのかって、やはりSMAP×SMAPのスタッフの“SMAP愛”があったからなんですよね。

それが強く感じ取れる構成で、見ていて面白いし楽しい。そして感動させてくれる。

三拍子揃っちゃってます。

 

更に凄いのはCM。

皆さんはソフトバンクのCMにSMAPが出ていたのを覚えていますか?

その時の映像を使って、感謝のメッセージを伝えるCMを、ソフトバンクは放送したんです。

しかも最後の一言。

「さようならじゃ、ないよな?」

正直最近のソフトバンクは好きではありません。

ただ、こんなCMはズルいですよねw

これには脱帽です。

ソフトバンクが好きになりましたね。

CMとしても最高ですよ。言うこと無し。

 

とにかく感動させまくりだった訳ですが、最後の曲でもグッとくるものを見せてくれるんですよ。

TriangleとBEST FRIENDのオルゴールと共に、今までの振り返り映像。そこからの最後の世界に一つだけの花

メンバーが泣くのを必死に堪えて歌うんです。

中居さん、香取さんは他の人のパートも口パクで歌います。

木村さんはアレンジを強めに加えて、何とか歌い上げます。

草彅さん、稲垣さんも、泣きそうな顔を堪えて笑顔になります。

もう何も言えません。

 

そして最後に無言で一礼。カットした後のメンバーの様子ちょい見せ。

チラッと報じられていた通り、中居さんは後ろを向いて泣きます。4人も黙ったまま。

ここの映像も使うのはよくある話かもしれませんが、流石ですよ。

その後のエンディング。スタッフ1人1人と記念撮影。

笑顔で終わらせてくれました。

 

もう、これ以上無いと思わせるような終わり方でしたね。個人的には。

コメントはありませんでしたけど、それでも良かった。いや、むしろそれで良い。

これでコメントしろっていうのは酷ですわ。酷。

本当に良い終わり方だったと思います。

SMAP並びにSMAP×SMAPのスタッフの皆様に感謝です。

ありがとうございました。

 

もう言うこと無し。最高だった。

終始ベタ褒めでしたが、それだけ良かったですね。

やっぱり悲しいですよ。解散は。

でも、それでも良いと思わせてくれるような放送だったと思います。

最後もいつも通り義援金のメッセージで締めたのは驚きましたがw

逆にこれは視聴者に希望を残すための演出かもしれないですからね。

「いつも通りに終わります。何故なら、いつか復活するからです!」みたいな。

 

流石に考えすぎですよねwすみませんw

まあ、でも、私はこれで満足できました。

今なら全て受け入れられる。そんな気がします。

あースッキリしたw

皆さんはいかがですか?

 

ファンとしては、どんな理由で解散しても、やはり再結成してほしいものです。

恐らく再結成時にはファンが減っているかもしれません。

今よりずっと厳しいかもしれません。

でもこれだけは言っておきます。

その時も私は間違いなくSMAPのファンです。

まあ、余計なお世話ですねw

「そんなの俺らの勝手だろ!何も知らないのに!」とか思うかもしれないですねw

そこは、元々見ている人も少ないブログなので、好き勝手言わせてくださいw

 

今日はこの辺にしておきましょうか。

 

それではまた!

がんばりましょう

先日、SMAPの記事を書きましたが、書きたいことを全て書こうとした結果、訳が分からない内容になってしまった気がしますw

ですが、これも本ブログの醍醐味ということで…w

 

さあ、遂にこの日がやってきてしまいました。

SMAP×SMAP最終回。

前回取り上げた紅白の出演交渉の件ですが、最終的に正式に辞退ということになり、この番組が事実上SMAPとしては最後の番組です。

 

色々言いたい放題言わせてもらっていますが、やはり残念ですよね。

SMAPが解散してしまうのは。

本当はもっと見ていたいところでしたけどね。どうしても避けられないんでしょう。

我々は黙って受け止めるしかありません。

ひとつの時代が終わった。そんな気がします。

 

最終回は5時間丸々総集編だそうです。贅沢に使います。

ボリュームたっぷりの総集編になることは間違いないですね。

一体どんな放送になるのか、楽しみです。

 この番組は、元生が斬るでも取り上げようと思っていますので、こちらもご期待ください。

 

SMAP×SMAP最終回は、本日18:30~23:18放送です。

皆さん、お見逃しなく。

とりあえず今は、あまり多くは語りません。

 

今日はこの辺にしておきます。

 

それではまた!

サンタクロースのためのホワイトレザー

メリークリスマス!

皆さんはいかがお過ごしですか?w

私はですね…。

ご想像にお任せしますw

 

さて、今回紹介するのは日産 エルグランドです。

今月19日に特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」が発売されました。

エルグランドファンの私としては、このニュースを取り上げない訳にはいきませんw

 

名前からも分かる通り、これは「ハイウェイスター アーバンクロム」の内装に、ホワイトレザーをあしらったもの。

既に公式ホームページに掲載されていますが、これがなかなか高級感があります。

ただ、今回は特別仕様車の追加のみなので、自動ブレーキ等の安全装備の追加は無いみたいです。残念!

 

しかし、この時期にこれを見ると、どうもクリスマスを意識してしまいますw

何ででしょうね。やはり白さが雪を連想させるんですかね?

サンタクロースにこの特別仕様車、似合いそうですよね。

サンタさん、この機会に是非ご検討くださいw

セールスマンですか私はw

 

最近元気が良くなってきた気がする日産。

今後にますます期待が高まりますね。

 

今日はこの辺にしようかな。

それで残りのクリスマスを楽しみたいと思いますw

 

それではまた!

存続要望署名の是非

解散が迫っているSMAP

紅白歌合戦の出演交渉は続いているものの難航しているらしく、26日のSMAP×SMAPスペシャルが5人の最後の歌になると言われています。

 

そんな5人の解散を阻止するために行われたのが所謂「購買運動」と「SMAP署名」。

これは、SMAP存続の願いが特に強い人達が、その思いを形にしたものです。

一生懸命頑張った結果、世界に一つだけの花は300万枚を突破し、署名は何と37万3515人も集まりました。

 

 

この「SMAP署名」は、多くの物議を醸しています。

例えば、およそ25万人の署名を集めた1度目の提出時、ジャニーズ事務所はその署名の受け取りを1度はしようとしたものの、拒否したと言われています。

この拒否に関して物議。

 

「どうして事務所は受け取らないのか?」

「本当は事務所が解散させたのでは?」

事務所への批判です。

 

そして最近、37万人の署名を集めた2度目の提出。

これは事務所が受け取ってくれたそうですが、ここでまた物議。

 

「もうそっとさせといてあげなよ」

「何でこんなに自分勝手なの?」

今度はファンに対する批判が主。

 

その後出された事務所の返事にこれまた物議。

 

「本当に解散させたくないとは思えない返事」

「具体的にうごいて」

 

もう物議のオンパレードです。

本当に、受け取らなかったら受け取らなかったで大変で、受け取ったら受け取ったでまた大変なんですよ。

どう転んでもダメというか。

 

 

まず、事務所の一連の対応。

これはイカンなあ。

やはり本当のところは当事者自身にしか分かりません。

私もファンですが、そのファンも分かる訳が無いんです。余程の内通者でなければ。

恐らく相当交渉したのでしょう。

相当説得したのでしょう。

その上でもう無理だという結論が出されたのでしょう。

手の施しようが無い。何をしたってもう無理だ。

署名だって役に立たないだろう。

だから受け取らなかった。

きっとそういうことなんでしょう。言いたいことは分かります。

ただ、ジャニーズ事務所はアイドル事務所。ファンが居てくれて初めて成り立ちます。

署名を受け取らないというのは、ファンの意見を全く聞き入れないと言っているのと同じこと。

アイドル事務所として、そういう姿勢はどうなんだ?と思いますよね。

これはジャニーズだけに限ったことではないですよ。

もちろん、意見を聞きすぎて保守的になり過ぎるのもよくない。

でも、とりあえず一旦受け止めるというのは大切だと思いますけどね。

そこから対応を決めればいいんですから。

 

そんな偉そうなことを言っている私は全くの素人ですがw

でも結局、事務所の陰謀論は、これをきっかけにして更に力を付けていくんですよね。

 

その一方で思いが特に強いファンも。

解散した理由で最も有力なのは、やはり不仲説でしょう。

真実かどうかはさて置いて、これが一番報道されたりしてますから。

SMAP×SMAPでは、険悪な空気が流れているとも言われていますからね。

この道のプロフェッショナルとも言うべきSMAPが、不仲をカメラの前で隠せないというのは、かなり大変な事態ですよ。

こんな状況に置かれているのに、それでも続けさせようとするということは、SMAPに無理を強いることになる訳です。

我慢を強いることにもなります。

つまり、かなり苦しめます。

署名運動は諸刃の剣。もちろん、SMAPを苦しめるかもしれないという覚悟は出来ていますよね?

そうなれば当然「もう楽にさせてあげよう」とか、そういう意見が出てきますよね。

そんな意見も、きっと無力でしょう。

何故なら「事務所に解散させられた」と信じているから。

気持ちはよく分かります。私もファンですから。

SMAP解散はとても残念であり、悲しいです。止められるものなら止めたいです。

だからこそ冷静になるべきでしょう。

一旦全ての情報を受け止め、考えなければなりません。

 

でも、それが難しいんですよねw

それもファンならば仕方ないのかもしれません。

 

それを見てファンを刺激する人も考えものですよね。

心が無いというか。

愛するものを失った人に、時に残酷なまでに現実を叩き付ける。

SMAPのニュースばかりで面白くないのも分かりますが、ここは…ね?

あなたも愛するものが1つや2つあるならわかるでしょう?

 

 

まあ、でも、最終的にファンがどうだとか、心無い発言をする人がどうとかというよりも、ジャニーズ事務所、ひいては芸能界全体がダメだったような気がしますね。

対応1つ取ってもそうですが、それ以前の所謂ごり押しも問題です。

これに腹を立てている人が多いんですから、こういうことがあれば爆発しますよね。

もしごり押しではなく、本当に依頼が絶えないのだとしても、今度は映画を作る側の問題で、結局は芸能界としての問題な気がします。

 

まあ、ここでこれ以上長話してもまともに聞いてくれる人は少ないと思いますので、ここで終わりにします。

 

でも、こうして考えてみると、SMAPがいかに偉大な存在か分かりますよね。

ここまで多くの人を動かせるSMAPって、やはり流石ですよね。格が違います。

こういうグループはもう出てこないんだろうな…。

今度の元生が斬るは、SMAPにしようかな。

 

眠くて頭が冴えきらないまま書いているので、もしかしたらとんでもないことを書いているかもしれません。

もしそんなことがあったら申し訳ない。

ただ、私もファンであるということは一応言っておきます。

って、終わるって言ってから続きすぎですねw

今度こそ終わりにします。

いやー言った言った。

 

それではまた!