読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元生が斬る #7 新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走-

久しくかいていませんでしたw元生が斬るです。

今回は『新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走-』をご紹介します。

かなり遅くなってしまいましたwすみません。


新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走- PV - YouTube

制作体系に大きな変更はありません。

 

頭文字Dに関しては以前話した通り。

元生が斬る #4 新劇場版 頭文字D Legend1 -覚醒- - 名探偵に憧れて空想科学に希望を持つ

今回は2作目となります。

バトル3連発が見所でもあった今作、ちゃんと見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言いますと、面白いけど少し残念。

上映時間はやはり1時間前後で、これが何よりのマイナスポイント。痛恨の極みです。

同じ放映時間でも前作は単行本1巻半の内容量でしたが、今作は2巻強の内容量。

前作でもギリギリだったのに、そんな事をしてしまった今作は足りる訳が無い。

省かれたシーンが結構あります。

少しネタバレが入りますので、原作をこれから読もうとしている方、或いはアニメを見ようとしている方はご注意ください。

 

 

 

 

例えば庄司が池谷を突くシーン。

ここは1対1、つまりタイマンでちょっとしたバトルがあった後、庄司が後ろから突いて池谷をスピンさせるシーンなのですが、映画だとエラい事になっています。

何と池谷を複数人で襲撃し、スピンさせています。これは悪質度が半端じゃなく上がっていますよね。

恐らく本来事後数日間のマージンがあってのバトルが、編集の都合上事後数時間だけになってしまったがための辻褄合わせなんでしょうけど、さすがにこれは酷い。

他にも省略されたシーンが結構ありますから、作品本来の流れを知っている人からすると違和感がかなり多くなっています。

とはいえ技術自体はやはり素晴らしく、この違和感を考慮しなければやはり面白いです。

やはりこのシリーズは頭文字Dを知らない方の方が勧められそうですね。

完成度は高いと思いますが、やはりカットが多いですから。

今作は2時間欲しいところでしたね。

 

3部作最終章のLegend3 -夢現-の公開も2016年2月6日に決定。

内容量は恐らくLegend1と同程度だと思いますから、Legend2程のモノにはならないと思います。

ですから、またまた期待ですねw

果たして上映時間はまたまた60分なのでしょうか!?

個人的には、もう30分増やして樹が車を買う話も追加してほしいですww

今回はこれ位にします。

それではまた!